社団法人 極真会館

田畑道場
TOP > 極真田畑道場

 本日で県本部少年部の稽古納めとなります。来年からの目標は「誰にも負けない努力」をすること。基本稽古で丹田から気合はしっかり入れて、生命力をパワーアップさせること。これは気合が大きく出すことが出来なければ丹力、勇気の力は発揮されない。これは努力であり、訓練です。なぜ極真カラテは基本で始まって基本で終わるかといえば、より強い基本がより強い移動稽古、型、組手となっていくからです。基本のレベルが上がれば、全てのレベルが上がってゆくので、その始まりであり、底辺の基本の強化が必要となるのです。

 「火事場のバカ力」というのがあります。火事になった時、普段は持ちあがらなかったものが持ちあがると言います。そのくらいの力をもしこの基本稽古で出すことが出来れば、最強になって下さい。絶対的な最強です。そして今日の稽古納めでレベルアップさせ、来年の鏡開きは高いレベルからスタートを切って、来年一年を嵐のように駆け抜けていきましょう。

 カラテは強くなければいけません。人間性も強くなくてはなりません。しかし、強いばかりでは人間として生きる資格がありません。強くて、思いやりがなくてはなりません。人の喜びを自分の喜びとして心で感じることができる人、人の悲しみが自分の悲しみとしてとらえられる人、人を思いやる心、親切な心、優しい心は美しい心です。この美しい心がなければ強さは生きてきません。

稽古には積極的に稽古しなければ自分の本来兼ね備わった力が発揮できません。稽古に脇役はいません。何帯であろうともみんなが主役です。ですから人の影で気合を入れるみたいなことはしないでください。級が下、組手が強くない、型が上手でない、キャリア、実績がないということは全然関係のないことです。稽古に入ったら、誰にも負けない努力をする。力で負けても気合で負けない、気合で負けてもやる気で負けない、そういうみんなの想いがぶつかり合い、エネルギーが交わり合います。その時に自分の中のパワーが溢れ出してくるのです。これが一般稽古の醍醐味なのですから、積極的に主体性をもって「俺も、私も」稽古に参加しているのだという強い意志を持って下さい!

月別カテゴリアーカイブ

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903 E-MAIL:office@kyokushin-tabatadojo.com