社団法人 極真会館

田畑道場
TOP > 極真田畑道場

 補強運動でも、サンドバックでも、スパーリングでも強い心で積極的にやるということが大切です。やらせられて稽古するのと、自分が積極的に稽古するのでは、はじめは差がないが、2年3年すると雲泥の差がついてきます。大事なことは、みんなが主役で脇役はいないということです。ですから何事も積極的にやること。勉強でも、稽古でも、生活においても、嫌々何かをするのではなく、自分の積極的な心を磨くという事に置き換えること。積極的な人のみ運をつかむことができ、明るく、希望に燃えることが出来ます。
 人の後ろや陰に回らないで、常に堂々と主役になって稽古していきましょう。気合が大きくなってくると積極性がアップしていきます。気合、返事、号令の大きさは、強さのバロメーターです。

 新年は、心が清々しくなり身が引き締まります。何か新しい事を始めるには、とても良いタイミングです。そこで、稽古目標の一つに今年から「全力稽古」を付け加えようと思います。「全力で突く、全力で蹴る、全力で気合を入れる、全力でやる気を出す」この事を稽古中に行ってください。ただ、読んでいるだけで実践しないと、「絵に描いた餅」と同じです。念仏を唱えても、心が入っていなければ、独りよがりのお経になります。全力ということは、一生懸命ということです。一生懸命ということは、一心不乱であるということです。この時に心が磨かれ、心が高まり、人格が向上、形成されるのです。全力ということは、自分の力を全て出し切るということです。パワーは出さないと入ってきません。10%出す人は10%、50%は50%、100%は100%、新しい強いエネルギーが自分の体の中に入ってきます。この時に頭も、心も、より強いエネルギーが入ったことにより、より強いパワーを出すことが出来るのです。
 いいですか皆さん。今回の冬合宿では「全力稽古」の効果を知って、そして、自分自身が変わっていくきっかけ、チャンスを掴んでください。
 今年も走り抜いて頑張りましょう。

 今年一年ご苦労様でした。昨日の忘年会、お疲れ様でした。

 二日経つと新年がやってきます。新しい年の始まり、スタートになります。今年のように来年もやれば道場は沈滞していくでしょう。今年のとおり、今年のように、いつも通りの精神は、全ての事柄を停滞させてしまう!弛まざる創意と工夫、改良と改革が、偉大な業績を残すことになる。去年通り、今まで通りはダメだ。俺もお前も才能は0だ。ない。Nothingだ。才能のない奴の武器は何か?それは、思いっきりやってやることだ。せめても、自分の全身全霊をかけて、思いっきりやるしか!場面は切り開けない、来年のスタートダッシュをしくじることなく「せめて、思いっきりやってくれ」以上。

 職員規則、3つのルールは「1.結果報告、2.途中経過、3.情報はリアルタイム」とある。来年からは、仕事を先延ばししないということをモットーに行動してもらいたい。例えば、「明日から頑張ろう」と言っている人は、明日になったら、こう言うはず「明日から頑張ろう」と。こうもある「来年から頑張ろう」と言っている人は、年明けた元日にこう言うはず「来年から頑張ろう」と。じゃ、いつやればよいのですか、そう「今日です」明日からでは遅すぎる。

月別カテゴリアーカイブ

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903 E-MAIL:office@kyokushin-tabatadojo.com