社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 武徳

「武徳」 更新しました!

空手の稽古を通じて「武徳」を身につけ

自分を高め、運命を拓き、幸福な人生を歩む指針!

 

①カラテを学ぶ目的
心身の強化とカラテ技量の向上、武徳を身につけて自己を完成させていくこと。
 
②「覇気をもつ」
 大山総裁は「覇気は万事の本」とおっしゃってました。覇気とは、基本稽古において、おへその下約10cmにある丹田という東洋医学のツボから気合を入れると身につくと言われています。その方法としては正拳中段突きで言えば、極真カラテの伝統である三合法を行います。一点目は丹田から気合を入れ、2点目は脇の下を閉め、3点目は正拳の小指に力を込めます。これを当たる瞬間、技を止める瞬間に三点同時に行います。
 一生懸命に稽古していても、頭の中で考え事をしていれば一心力が生まれません。
 技を打ちながら一番気合の大きい人に自分の気合を一心に合わせていくときに、はじめて丹田力が発揮され、自分の生命力が最高に高まるのです。これが「万事の本」「覇気」です。

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903