一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > ポリシー
ポリシー

私が内弟子の時、総裁が言われた言葉の一つに、「君、極真とは真を極めると書くんだよ。体力を極める事、精神を極める事、技を極める事も大事だが、しかし君、自己を極める事を忘れてはだめだよ。」というものがあります。その時は言葉の意味が分からず、ただ必死で稽古している次第でした。極真会館は、総裁が亡くなられてから分裂しました。

その時に私は、「これからは極真カラテの道場が多く出来るだろう、そして派閥の勢力争いの為の道場が増えてくるに違いない。道場訓も同じ、基本、型、組手、サンドバック、バーベル、試合も大差ないだろう。それでは、指導者は私でなく誰でも良い事になってしまうのではないか。大山総裁に内弟子に入れていただいた恩、又稽古をつけていただいた恩も、総裁の理念も、すべてが皆無になってしまうのではないか?」と考えました。

総裁はまた、こうもおっしゃっていました。「君、内弟子は武道家なのだよ。武道家として生き、社会の役に立たなくてはいけない。普通では困るのだよ。武道家としての見方、行動、立ち居振る舞いを行い、生涯をかけて宮本武蔵先生になるのだよ」と。 そして組織が分裂したとき、「真を極めて極真、自己を極める」という意味が自分なりに心でわかりました。鶴岡へ指導に行く途中の月山道路の長いトンネルから出てきた瞬間に、口から自然に次の言葉が出てきました。「人間の本体は心であり、心の本体は気である。この気は宇宙開闢の気と同根である。この気を強く大きくし、自己に打ち克ち、敵に打ち勝ち、運命に打ち克つ。これが我が道場の面目である」と。

このことこそが、自己を極める第一歩である、と。人間として、稽古を通じて自己の生命力を強くし、試合や危害から身を守り、また社会の基本である家庭を守り、潤わせ、会社においては、徳性、個性、知識、技能を高め、それを発揮し、社会においては必要とされる人となる。

この事が、自分自身を極める事であるし、自分を創造、進化、調和させ、発展させる事に他ならない。道場訓と道場面目、理、事、理事一致、忘理事一致の稽古法を以て、理念とする次第です。

田畑道場が目指すところ

極真カラテの創始者大山倍達総裁が、日本で初めて直接打撃の空手を確立されました。創生期にはケンカ空手、邪道カラテと呼ばれていました。

それから月日が経ち、全世界123カ国1200万人の会員を擁する団体になりました。直接打撃制のルールが世界のカラテのルールの主流になりました。

そして大山倍達総裁は晩年には、「人種、民族、国境を越えて政治、宗教、思想を超えて世界人類平和を達成させることが極真の道である」と言われました。

その極真精神とは、「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として多を益する」を実践すると同時に、極真は「真を極める、ウソ、いつわりのない心が真の心。」そして物事の善悪、是非、正邪を判断し、悪を退け、善をもって行う。

誠意を徹して行い、内在する本然の力を発揮させ、真の武道家として、世の為、人の為、己を尽くす人物になるのが、我が、田畑道場生の目指すところであります。
 

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903