社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 田畑道場の由来
田畑道場の由来

1985年山形支部発足以来、延べ約3400人の会員になります。極真カラテはハードで組手がきついというイメージをお持ちではないでしょうか。田畑道場は各クラスに合わせて、幼稚園より50代、60代と年齢に関係なく稽古を行っています。

各々の目標、意識をもって稽古を行っています。少年部には少年部として、一般部には一般部としての極真カラテのとらえ方があります。入会された方には大会を目指す人もいるでしょう。また健康を目的に精神面を強くとかそれぞれです。

要は各自、極真カラテで何を目的にし、稽古することによって、それぞれの立場で何を得るかが異なります。私達は極真カラテを稽古することにより克己の精神を涵養し、己に自信を持ち、心を広くし人に接することが出来、人間的に強くなることを目指します。

極真会館山形県総本部田畑道場では、極真とはすなわち「真を極める」、「真」とは自分の本性でありますので、自己の明徳を明らかにしていき、そして自己に内在する本然の力を発揮していくという事を稽古と日常生活を通して磨いていくという事をモットーとしています。

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903