一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 行事レポート
 9月29日(日)鈴川道場において県(少年・一般)選手会稽古が行われました。
 東北極真カップ大会を1ヶ月後に控えて、より一層熱の入った稽古となりました。
 田畑師範の号令のもと
基本稽古
 
補強
拳立て 80回×10セット
腹筋(各100本)
足をつけたまま、クランチング、足上げ、カメレオン、バンザイ
バービー
50本、30本、10本
 
フィジカル(各1分・30秒・20秒・15秒・10秒・5秒)
つま先ダッシュ・もも上げ・ジャンプ・ツーステップ・交差
 
約束組手(各30秒)
左パンチ(フリー)1本VSハイ
ワンツー(フリー)VSハイ
前蹴りVS回し受けから下突き
膝蹴りVS回し受けから下突き
前蹴りから後ろ蹴りVS回し受けから下突き
回し蹴りVS回り込んで蹴り1本
回し蹴りVSカウンターから下突きダブルから膝蹴り
回し蹴りVS足掛けから膝蹴り
 
ライトスパーリング
フリー30秒×11ラウンド
 
最後に田畑師範から「カラテの稽古は基本に始まって基本で終わります。そのためには三合法で基本稽古は限界まで追い込み、生命力、人格力を強くして自分自身を成長させていってください。」「組手を強くするためにはストレッチ、筋トレ、フィジカル、体幹トレーニングをしっかり行って強さを身に付けていく。勝つためには効かす技を持つこと。回り込み、カウンター、足掛けを駆使して自分よりも強い相手に勝つ組手を目指す。」「稽古では自分が渦の中心となって、率先垂範で後輩を引っ張っていく。帯が上がってきたら気合・返事を大きくして、礼節を持つ。」「理解力・分析力を付けて、常に創意工夫していく。」との訓話がありました。
 いよいよ来月に迫った東北極真カップ大会に向けて、県選手会一丸となって頑張っていきたいです。(事務局 黒沼 誠)
県選手会稽古 2019年9月.jpg
 9月14日(土)本部道場にて、内陸茶黒帯研究会が行われました。
 8月に続き、田畑師範が、オランダでのヨーロッパサマーキャンプ指導中のため、師範不在での帯研となりました。
 通常の帯研と同様に基本・移動・型の流れで、稽古しましたが、常々、師範からご指導いただいていることを念頭に置いて、稽古しました。特に「三合法」や立ち方で重心を低くすることに注意していきました。
 前回もそうでしたが、一人一人が集中力をもって臨むこと。そして一本一本の技を大切にしながら次回帯研でさらなる成長を目指していけるようにしたいです。(事務局 黒沼 誠)
内陸帯研 2019年9月.jpg
 9月1日(日)県武道館において、秋季昇級審査会が行われました。
 審査開始前に6月の昇段審査で、見事、初段へ昇段した眞壁 匠 初段の黒帯の授与式が行われました。田畑師範から黒帯を授与された眞壁初段は「田畑師範からのご指導があったから黒帯を締めることが出来ました。師範代、先輩、ライバルでもある仲間がいたからここまで来れました。そして、両親の支えがあったからこそ、極真カラテをここまで続けることが出来ました。ありがとうございました。」と昇段の挨拶をし、場内からは大きな拍手が送られました。
 秋季審査会とは言え、午後からは気温が上がり、受審者の体調が心配されましたが、細目な水分補給と前日に1週間以上のルーマニアセミナーから帰国された田畑師範の熱い号令、叱咤激励を受けながら、基本・移動・補強・型・組手と厳しい条件の中を完遂しました。
 最後に田畑師範から「極真カラテを通して人間性を高めていく。極真カラテ田畑道場は挑戦する道場です。基本稽古で三合法で技を打ち込んでいくと生命力と丹力が強くなります。その基本稽古力を信じて、何事にも挑戦していく強い心と体を作っていってください。」との訓話がありました。
 10月は東北極真カップ大会が控えています。道場一丸となって頑張っていきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)
2019秋季審査会 (1).JPG 2019秋季審査会 (2).JPG 2019秋季審査会 (3).JPG 2019秋季審査会 (4).JPG 2019秋季審査会 (5).JPG 2019秋季審査会 (6).JPG 2019秋季審査会 (7).JPG 2019秋季審査会 (8).JPG 2019秋季審査会 (9).JPG 2019秋季審査会 (10).JPG 2019秋季審査会 (11).JPG 2019秋季審査会 (12).JPG 2019秋季審査会 (13).JPG 2019秋季審査会 (14).JPG 2019秋季審査会 (15).JPG 2019秋季審査会 (16).JPG 2019秋季審査会 (17).JPG 2019秋季審査会 (18).JPG 2019秋季審査会 (19).JPG 2019秋季審査会 (20).JPG 2019秋季審査会 (21).JPG 2019秋季審査会 (22).JPG 2019秋季審査会 (23).JPG 2019秋季審査会 (24).JPG
 8月31日(土)本部道場において、内陸茶黒帯研究会を行いました。
 今回の帯研は、ルーマニアセミナー指導により田畑師範が不在でしたが、全員一丸となって、集中力をもって稽古できたと思います。
 基本・移動・型と通常の帯研同様に稽古を進行しましたが、立ち方、姿勢、拳の位置を十分に気を付けながら、一本一本の突き・蹴りに気持ちを込めていくようにしました。
 9月も田畑師範は南アフリカとオランダへセミナー指導に行かれるため、2週間以上不在となりますが、茶黒帯一丸となって、更なる成長を目指していきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)
69466843_527566714661795_97188976695181312_n.jpg
 7月27日(土)本部道場において内陸帯研が行われました。
 30℃を超す気温と稽古前の雨で、湿度も高く、とても厳しい状況での帯研でしたが、田畑師範の号令に全員が力を振り絞って稽古しました。
 基本稽古が終わるころには、すでに道着も汗でびっしょりとなり、移動稽古でも汗を飛ばしながら、最後の型稽古に臨みました。今回は三戦を田畑師範のご指導の下に、しっかり稽古しました。
 最後に師範からは、黒茶帯研究会読本の「武徳『極真カラテを学ぶ目的』」のプリントの解説をいただきながら「良いことを思い、良いことを貫いていく。そして明るく前向きに進んでいってください」との訓話がありました。
 今回の帯研も、覇気をもって臨んでいけたと思います。次回、8月の帯研でも更なる成長を目指していきたいです。(事務局 黒沼 誠)
内陸帯研 2019年7月.jpg 内陸帯研 2019年7月 2.jpg
 7月7日(日)県武道館において、チャレンジカップ2019リベンジ大会が行われました。
 肌寒さを感じる天気でしたが、各々が持てる力を発揮した熱い大会となりました。
 田畑師範からは「組手では反則をせずに、本当に強い者が勝つ組手を目指す。型では、吐く呼吸に集中して、気拳体一致の技を目指す。」との訓話がありました。
 大会は選手だけでなく、審判やスタッフも大会を通じて、自らが成長していく大変貴重な機会です。田畑師範がおっしゃる「道場生による、道場生のための、道場の大会」という根本を大事にして、これからもより充実した内容の大会を目指していきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)
リベンジ2019 (1).JPG リベンジ2019 (2).JPG リベンジ2019 (3).JPG リベンジ2019 (4).JPG リベンジ2019 (5).JPG リベンジ2019 (6).JPG リベンジ2019 (7).JPG リベンジ2019 (9).JPG リベンジ2019 (10).JPG リベンジ2019 (11).JPG リベンジ2019 (12).JPG リベンジ2019 (13).JPG リベンジ2019 (14).jpg
 6月29日(土)本部道場において、6月の内陸茶黒帯研究会が行われました。
 梅雨に入り、蒸し暑い中での帯研でしたが、田畑師範の号令のもと、基本・移動・型稽古に暑さを吹き飛ばす気合で汗を流していました。
 最後に師範から「目標に向かって、一歩一歩、地道な努力を積み重ねていくことによって目標達成が見えてきます。あきらめずに稽古を積み重ねていってください。」との訓話がありました。
 目前に控えたリベンジ大会、10月の東北極真カップ大会に向けて進んでいきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)
2019年6月 内陸帯研.jpg
 6月16日(日)鈴川道場において第47回(一般部)・第34回(少年部)県選手会稽古が行われました。
 当日は中体連のため中学生の参加が少なかったのですが、集中して、稽古に取り組みました。小雨交じりの曇り空だったため、気候的にはとても稽古しやすい気温でした。
 田畑師範の号令の下、
基本稽古
シャドー(各1分)
 回り込み、回り込みからパンチ、回り込みから蹴り、ブロックしてからフリー、回り込んでからフリー
フィジカル(各10秒×10セット)
つま先ダッシュ・もも上げ・ジャンプ・ツーステップ・交差
補強
拳立て
100回×5セット
腹筋(各100本)
足をつけたまま、クランチング、足上げ、カメレオン、バンザイ
バービー
50本、30本、10本
約束組手
 前蹴りVS回し受けから下突き、前蹴り+後ろ蹴りVS回し受けから下突き、ヒザVS
 回し受けから下突き、ハイキックVS回し受けから下突き、回し蹴りVSカウンター
アタックから下突き+ヒザ、回し蹴りVS足掛けからパンチ2回+蹴り2回
ライトスパー(30秒×10回)
 フリーVSフリー
ボディ打ち(強さ50~100%)
 右10本・左10本・左右10本
体幹トレーニング
 5種類 
を稽古しました。師範からは「(1週間後の)グラチャンに向けて、本番を想定した動きを実践していくように」と言われました。
 2時間半の充実した稽古終了後、「グラチャンに出場する選手は、残り1週間の生活面、体調面、栄養面などに気を付けることと、初めて出る人は気迫をもって臨むこと。やる気と積極精神があって、もし負けても次につながります。それ以外の選手は、決勝戦を目指して、山形から悲願のグラチャン優勝者が出るように頑張ってください。」と訓話がありました。
 グラチャンを1週間後に控えた、今回の県選手会稽古は、いつにもまして、集中力と活気を感じた稽古でありました。(事務局 黒沼 誠)
県選手会稽古 2019年6月 (1).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (2).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (3).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (4).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (5).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (6).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (7).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (8).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (9).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (10).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (11).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (12).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (13).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (14).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (15).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (16).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (17).JPG 県選手会稽古 2019年6月 (19).JPG
 6月9日(日)に山形市総合スポーツセンター柔道場において、夏季昇段昇級審査会が行われました。
 令和最初の審査会に約100名が臨み、日ごろの稽古で培った技と力を発揮しました。
 田畑師範の号令のもと、初めは緊張感から、気合も小さかったのが、すぐに全体が一つになるぐらいまで大きな気合いで基本・移動・補強・型と審査が進みました。
 最後の組手審査では、今回、昇段本審査に臨む眞壁 匠1級(本部)の十人組手が行われました。小学1年生から約11年間、稽古に励み、この日の本審査に挑みました。場内の応援、田畑師範からの叱咤激励で、その力を如何なく発揮し見事完遂しました。
 最後に田畑師範から「連続組手の厳しさは、実際に挑戦した人でなければ、わかりません。また、初めから強い人もいません。優しく、素直で、謙虚な人が、自分の無限なる可能性を信じ、地道にコツコツと稽古を積んで実力をつけていった人が人間性も強い人になれます。でも、大会に出たり、審査を受けたり、稽古が出来ることは周りの方のサポートがあるからです。感謝の心を大切にしていってください。」との訓話がありました。
 令和最初の審査会は、とても有意義に終えることが出来ました。これから、更に極真田畑道場一致団結して、今年の後半も挑んでいきたいです。(事務局 黒沼 誠)
 
2019夏季審査会 (1).JPG 2019夏季審査会 (2).JPG 2019夏季審査会 3.JPG 2019夏季審査会 (4).JPG 2019夏季審査会 (5).JPG 2019夏季審査会 (6).JPG 2019夏季審査会 (7).JPG 2019夏季審査会 (8).JPG 2019夏季審査会 (9).JPG 2019夏季審査会 (10).JPG 2019夏季審査会 (11).JPG 2019夏季審査会 (12).JPG 2019夏季審査会 (13).JPG 2019夏季審査会 (14).JPG 2019夏季審査会 (15).JPG 2019夏季審査会 (16).JPG 2019夏季審査会 (17).JPG 2019夏季審査会 (18).JPG 2019夏季審査会 (19).JPG 2019夏季審査会 (20).JPG 2019夏季審査会 (21).JPG 2019夏季審査会 (22).JPG
 5月25日(土)本部道場において、内陸茶黒帯研究会が行われました。
 この日は、気温も30℃を超える日となりましたが、田畑師範の号令の下、激しく汗を流しました。
 前月は、オーストラリアセミナー指導のため田畑師範不在の帯研でしたが、その分、今回の帯研はとても活気のある帯研でした。
 基本・移動・型と稽古が進むと同時に気合い度、集中度も非常に高くなっていきました。
 帯研後、田畑師範から「オリンピック選手や有名なプロスポーツ選手の監督・コーチが共通して言っていることは、『素直な心を持っている選手は伸びる』ということです。本当に伸びる人は、言われて耳の痛いことでも、素直に話を聞き、反省して、自分自身を見つめ直して更に伸びていく。みなさんもそういう素直な心を大事にしてください。そして、この月一回の帯研で互い人間性を磨き合い、高めていってください。」との訓話がありました。
 来月は29日(土)が内陸帯研の日です。更に成長していけるように頑張っていきたいです。(事務局 黒沼 誠)
内陸帯研 2019年5月.jpg
 11月6日(日)鈴川道場において県選手会稽古が行われました。
 秋も深まり寒さもありましたが、気迫あふれる熱い県選手会稽古となりました。
 稽古前に師範から「覇気を持って必ず強くなる、必ずチャンピオンになるんだと思いながら、王者の気合で稽古に臨むように」との檄が飛びました。
 基本稽古の後、補強(拳立て60回×5セット、腹筋100回×4セット、バービージャンプ50・30・10回)を行いましたが、師範から「近いうちに拳立ては100回×5セットできるように。」と叱咤され、それぞれ自分を追い込んで稽古していました。
約束組手各1分×20ラウンドでは打ち合い・回りこみを中心に稽古しました。師範から「黙ってやるな!どんなにきつくても気合を入れる。特に先輩が率先して気合を入れろ!」との叱咤激励に全員力を振り絞り2分15ラウンド、30秒10ラウンドを汗と涙を流しながらも一歩も引かずに相手とそして自分と戦い抜いていました。
 最後に田畑師範より「一つ目は、日常生活でケガをしないこと。稽古でケガをしても気が入っているから治るのが早いが、学校や遊んでいる時にケガをしてしまうとなかなか治りにくくなります。ただ、万が一ケガをしたらケガと親友になり、上手く付き合いケガを早く治すように心がけてください。
 二つ目は、今日のように激しい稽古をしたあとに『なぜ自分は強くなれないのか』とギャップを感じる時があります。でも、みなさんはマラソンの42.195㎞に例えたらまだ10㎞ぐらいです。諦めずに『自分は強くなるんだ』『いつかグラチャンでチャンピオンになるんだ』と強く思い気迫と情熱を傾けて下さい。でも勝って驕ることなく、謙虚な心を忘れず、卑怯な振舞いをしない礼節を守る人になってください。」との訓話をいただきました。
 先月、東北極真カップ大会も無事終了し、様々な思いを持って今回の県選手会稽古に臨んでいる人も多かったと思います。次なる目標に向けて再スタートを切る県選手会稽古になったと思います。(事務局 黒沼 誠)
 
師範より「いつまでもチャレンジ精神を持とう」.docxのプリントが配布されました。

県選手会稽古 2016年11月.JPG 県選手会稽古 2016年11月 (2).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (3).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (4).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (5).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (6).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (7).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (8).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (9).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (10).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (11).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (12).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (13).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (14).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (15).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (16).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (17).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (18).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (19).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (20).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (21).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (22).JPG 県選手会稽古 2016年11月 (23).JPG

10月22日(土)本部道場において内陸茶黒帯研究会が行われ、出席者12名が田畑師範の号令のもと基本・移動・型に汗を流しました。
出席者は茶帯以上のため全員の意識も高く、とても充実した稽古となりました。
稽古後に田畑師範から「極真理念・精神法、稽古法、礼法作法の三法を自分が完ぺきにマスターして、なおかつ人に教えられるくらいの力量があれば、その技、その精神は自分に入っている。しかし、人に教えられないということは自分の中にまだ入っていないということです。必ず自分が人に教えられるぐらいまで自分の中に入れて下さい。」「人間として何が大切で、何をやるべきかということが武徳です。武徳の中にあるのが善悪、公正・不正、誠実、友情、同情、愛情、誠意、勇気、努力、優しさ、厳しさ、恩を知るか・返すか、親孝行、利他行。これが武徳の根本です。まずは人間として何が正しくて、何を貫くのか。その貫くところに極真空手の武道性があります。基本稽古で作った覇気が自分を動かしてくれます。そしてその武徳を実践していきます。」という訓話がありました。
 今年の帯研も残すところ2回となりました。全力で頑張っていきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)
内陸帯研 2016年10月.jpg
8月21日(日)鈴川道場において県選手会稽古が行われました。
当日は、夏真っ盛りとあって猛暑ではありましたが、全員一丸となって稽古に臨みました。
稽古前に師範から「グラチャン出場を目指すレベルは終わった。これからはグラチャンでベスト4や優勝を目指すという意識に変えていくようにとのお話がありました。
基本稽古の後、補強(拳立て60回×5セット、腹筋100回×3セット、バービージャンプ50・30・10回)を行いましたが、師範から「フォームをしっかりして、回数をこなしてはいけない。」と注意され、一本一本をしっかり行っていきました。
約束組手各1分×20ラウンドではカウンターを取ることを中心に稽古しました。師範からは「一本を取る組手を目指せ」と檄が飛び、真剣勝負のスパーリングでは、みんな一本を目指して2分10ラウンド、30秒10ラウンドを大粒の汗を流しながら稽古していきました。
最後に田畑師範より「チャンピオンになるためにはとことん自分を磨いていく。一回一回の稽古を正直に取り組んで、自分の力を磨いていってください。今回の東北極真カップ大会では優勝・準優勝を取る、そして来年のグラチャンではベスト4に入る。再来年のグラチャンでは優勝・準優勝を取る。という強い思いを持って稽古して下さい。強い意志の力をもって苦しくても諦めずに頑張ってください。」と激励の訓話をいただきました。いよいよあと約一ヶ月半に迫って来た東北極真カップ大会に向け、今回の稽古参加者の目には闘志が表れていました。(事務局 黒沼 誠)
 
師範より「メダルを獲得した選手の言」.docxのプリントが配布されました。
 
県選手会稽古 2016年8月.JPG 県選手会稽古 2016年8月 (2).JPG
 8月19日(金)、恒例となった2016チャレンジカップリベンジ大会の祝勝会が牛角桜田店にて行なわれました。
 今回は、少年選手会から6人の優勝者が生まれ、みんなからの祝福と全員の健闘を讃えあっていました。
 まずは、全員で乾杯の後に楽しく賑やかに美味しい焼肉やご飯を頬張りながら歓談した後にお待ちかねの『演会』が開かれました。田畑師範から「チャンピオンと中学生は一人で歌う」というルールをいただきまずは小学生のチャンピオンが一人ずつ歌を披露しました。全員が偶然にも「カエルの唄」ではありましたが、力強かったり、きれいな声だったりと様々な「カエルの唄」を聞きいっていました。いよいよ中学生の番になり田畑師範から「中学生以上は学校の校歌か応援歌を歌う」という新たなルールを追加していただきました。しかし、さすが中学生以上になると堂々と中には『振り』まで入れてくれた中学生もいて大いに盛り上がりました。
 会の最後には牛角桜田店さんからのご厚意で、チャンピオンにだけの「スペシャルデザート」を頂き、少年選手会全員で分け合いながらいただきました。
 最後は田畑師範の号令による「正拳上段突き10本」で会を締めくくりました。
 田畑師範が常々「もう、グラチャンに出ることが目標ではない。これからはグラチャンで上位入賞、そして優勝することを目標としなければならない。」とおっしゃっておられます。その第一歩がチャレンジカップやリベンジ大会であります。今回はいつもよりも多い6人がチャンピオンとなり、少年選手会のレベルも着実に上がってきています。ぜひここから10月9日の東北極真カップ大会では、一人でも多くの選手がグラチャンの切符を掴んでいただきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)
 
※演会で歌を歌う意義について
 歌を歌うことは鏡開き、夏冬合宿、祝勝会といろいろあります。これは歌が上手か下手かということではなく、度胸をつけるということが目的です。黄帯ぐらいになると度胸をつけるためにみんなの前で発表や発言をしてもらいます。はじめから発言もできなければ、歌も歌えない子が多くいますが、徐々に慣れて自分から進んで発表や一人での歌を歌う子が多くなり、その中からは、やはりチャンピオンが多く出てきます。この人前で歌えるかどうかということが、自分の殻を破る大きなファクターだと師範はおっしゃっています。
2016リベンジ大会祝勝会 (1).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (2).JPG2016リベンジ大会祝勝会 (3).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (4).JPG2016リベンジ大会祝勝会 (5).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (6).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (7).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (8).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (10).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (9).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (11).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (12).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (13).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (14).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (15).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (16).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (18).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (17).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (21).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (19).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (20).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (22).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (23).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (24).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (25).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (26).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (27).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (28).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (29).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (30).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (31).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (32).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (33).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (34).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (35).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (36).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (37).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (38).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (39).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (40).JPG 2016リベンジ大会祝勝会 (41).JPG
 7月30日(土)31日(日)と田畑道場恒例の夏合宿が行われ、県内各地から約100名の道場生が灼熱の羽黒山に集結しました。初日はミット打ちや受け返しなど競技力向上の稽古を行い、締めくくりとして50ラウンドのスパーリングを実施。大人顔負けの動きと気迫を見せる少年部も何名かいて、全体的に組手レベルが向上しているのを肌で感じました。
また2日目午前に行われた最終稽古では参加者全員で1000本突きと1000本蹴りを敢行、小学生・中高生・一般部全員で気持ちを一つにしてやり抜きました。
 このように稽古は2日間通じて大変厳しかったのですが、夏合宿といえばイベントが盛りだくさん。急なゲリラ豪雨に見舞われ開催が危ぶまれた花火とキャンプファイヤも、夕方には天気も回復し無事に実施することが出来、大盛り上がりでした。
 田畑師範がこの間テーマにされている「全力稽古」を参加者全員がそれぞれのレベルで達成でき、今年も大変有意義な2日間となりました。今年後半も東北カップ大会などの大きな行事が控えていますが、この夏合宿で得た「やればできる」という自信をパワーに換えて突き進んでいきましょう!!(師範代 上田 潤)
 
2016夏合宿.JPG 2016夏合宿 (2).JPG 2016夏合宿 (4).JPG 2016夏合宿 (3).JPG 2016夏合宿 (5).JPG 2016夏合宿 (6).JPG 2016夏合宿 (7).JPG 2016夏合宿 (8).JPG2016夏合宿 (9).JPG 2016夏合宿 (10).JPG2016夏合宿 (11).JPG 2016夏合宿 (12).JPG 2016夏合宿 (13).JPG 2016夏合宿 (14).JPG 2016夏合宿 (15).JPG 2016夏合宿 (16).JPG 2016夏合宿 (17).JPG 2016夏合宿 (18).JPG 2016夏合宿 (19).JPG 2016夏合宿 (20).JPG 2016夏合宿 (21).JPG 2016夏合宿 (22).JPG 2016夏合宿 (23).JPG 2016夏合宿 (24).JPG 2016夏合宿 (25).JPG 2016夏合宿 (26).JPG 2016夏合宿 (27).JPG 2016夏合宿 (28).JPG 2016夏合宿 (29).JPG 2016夏合宿 (30).JPG 2016夏合宿 (31).JPG 2016夏合宿 (32).JPG 2016夏合宿 (33).JPG 2016夏合宿 (34).JPG 2016夏合宿 (35).JPG 2016夏合宿 (36).JPG 2016夏合宿 (37).JPG 2016夏合宿 (38).JPG 2016夏合宿 (39).JPG 2016夏合宿 (40).JPG 2016夏合宿 (41).JPG 2016夏合宿 (42).JPG 2016夏合宿 (43).JPG

7月26日(火)に庄内茶黒帯研究会が行われました。今回は4名が参加しました。
稽古内容は準備体操・基本・移動・型と行っていきましたが、移動では特に回転稽古をしっかり稽古していきました。
毎回の参加者がほぼ決まっているため、出来るだけ多くの人に参加してもらいたいのですが、その分、全員の気持ちを合わせた稽古をしていきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)

2016年7月庄内帯研.jpg

7月23日に茶黒帯研究会がありました。田畑師範の号令で、基本稽古、回転の移動稽古、型稽古と約一時間半の稽古でした。途中田畑師範から内弟子時代の時の稽古の内容などのお話もあり、改めて自分の練習不足を実感しました。今回は中学生、高校生の参加が多かったので、とても活気のある稽古でした。また稽古後に田畑師範から「正と不正、善と悪をしっかり見極め、友情・同情・愛情を大切にする。武徳を身につけるように。」とのお話しがありました。自分も黒帯として田畑師範がいつもおっしゃっている全力稽古で頑張って行きたいと思いました。押忍。(本部 前田 祥)

2016年7月内陸帯研.jpg 2016年7月内陸帯研 (2).jpg

7月3日山形市福祉体育館にてリベンジ大会が行われました。
今大会は開催場所が例年と違う場所で行われ若干会場準備に戸惑いましたが受付、開会式と順調に出来たと思います。
試合の方は午前に型の試合がありました。完成度の高い型、気迫のある気合いで会場からは大きな拍手が選手達に送られました。
午後からは組手の試合が行われ型とはまた違う気迫のある組手でした、年々組手の実力も上がってきていると実感する大会でありました。
審判の実力が向上しないと選手も向上しないと師範からありました、我々も向上心を常にもち質の高い大会を目指し今後も取り組んでいきたいと思います。押忍(支部長 石山和輝)
 
リベンジ大会2016 (2).JPG リベンジ大会2016 (3).JPG リベンジ大会2016 (4).JPG リベンジ大会2016 (5).JPG リベンジ大会2016 (6).JPG リベンジ大会2016 (7).JPG リベンジ大会2016 (8).JPG リベンジ大会2016 (9).JPG リベンジ大会2016 (10).JPG リベンジ大会2016 (11).JPG リベンジ大会2016 (12).JPG リベンジ大会2016 (13).JPG リベンジ大会2016 (14).JPG リベンジ大会2016 (15).JPG リベンジ大会2016 (16).JPG リベンジ大会2016 (17).JPG リベンジ大会2016 (18).JPG リベンジ大会2016 (19).JPG リベンジ大会2016 (20).JPG リベンジ大会2016 (21).JPG リベンジ大会2016 (22).JPG リベンジ大会2016 (23).JPG リベンジ大会2016 (24).JPG リベンジ大会2016 (25).JPG リベンジ大会2016 (26).JPG リベンジ大会2016 (27).JPG リベンジ大会2016 (28).JPG リベンジ大会2016 (29).JPG リベンジ大会2016 (30).JPG リベンジ大会2016 (31).JPG リベンジ大会2016 (32).JPG リベンジ大会2016 (33).JPG リベンジ大会2016 (34).JPG リベンジ大会2016 (35).JPG リベンジ大会2016 (36).JPG リベンジ大会2016 (37).JPG リベンジ大会2016 (38).JPG リベンジ大会2016 (39).JPG リベンジ大会2016 (40).JPG リベンジ大会2016 (41).JPG リベンジ大会2016 (42).JPG リベンジ大会2016 (43).JPG リベンジ大会2016 (44).JPG リベンジ大会2016 (45).JPG リベンジ大会2016 (46).JPG リベンジ大会2016 (47).JPG リベンジ大会2016 (48).JPG リベンジ大会2016 (49).JPG リベンジ大会2016 (50).JPG リベンジ大会2016 (51).JPG リベンジ大会2016 (52).JPG リベンジ大会2016 (53).JPG リベンジ大会2016 (54).JPG リベンジ大会2016 (55).JPG リベンジ大会2016 (56).JPG リベンジ大会2016 (57).JPG リベンジ大会2016 (58).JPG リベンジ大会2016 (59).JPG リベンジ大会2016 (60).JPG リベンジ大会2016 (61).JPG リベンジ大会2016.JPG
6月18日(土)に内陸茶帯・黒帯研究会が県本部道場にて7人の参加者で開催されました。
基本から開始し、移動、型と行い、移動稽古では今回も回転技を重点に行いました。
その後の、型では「撃砕大」・「撃砕小」・「セイパイ」を分解して行いましたが、移動で行った回転技が多く使われ、回転技の重要性を感じることができました。移動での回転技が出来ないと型での回転技に繋がらず上手くできないと改めて感じました。
今回も田畑師範からは気合い、覇気についても熱く指導を行っていただきました。
今後も茶帯・黒帯研究会に参加し、自分を磨き、向上するよう稽古して行きます。押忍。(本部 設楽和也)
 
平成28年内陸帯研.jpg

 6月12日(日)県武道館において夏季昇段昇級審査会が行われました。
 当日は、曇りの天気でしたが気温が高く蒸し暑い状況での審査会になりました。
 約100名の少年部・一般部の道場生が田畑師範の号令のもと基本・移動・補強(拳立て、ジャンピングスクワット)・型・組手に全力で臨んでいました。
 今回は1級への昇段五人組手に太田庫太郎君(寒河江)が挑みました。持ち前のガッツと粘り強い組手と場内全体からの声援に後押しされて、見事五人を完遂しました。終了後は田畑師範からの労いの握手とみんなからの惜しみない拍手が送られました。
 最後に田畑師範から「がんばって一心不乱に稽古するということは心を磨くことです。心を磨いて稽古するということは心を高めて人格も高めるということです。」そして「武徳」についての訓話があり「武徳とは正義を守る、勇気を持つ。勇気を持つということは卑怯な振舞いをしない、弱い者いじめをしない、苦しい時に頑張る。必ず、稽古の時から勇気を持つという意識でやれば何事にも負けない強い人になります。その為には覇気、黄帯以上からは気合を大きくしていくように。そして周りの人たちに感謝の気持ちを持ってください。」とおっしゃってました。
 初夏の熱い審査会において、みんなが力をしっかりと発揮していました。(事務局 黒沼 誠)

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903