一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 行事レポート

第36回県一般選手会・第23回県少年選手会稽古レポート

 6月11日(日)鈴川道場において第36回県一般選手会・第23回県少年選手会稽古が行われました。
 グラチャン前最後の県選手会稽古ということもあり、特に集中した稽古となりました。
 田畑師範の号令で準備体操・基本稽古と進み次の補強では拳立て60回×5セット、腹筋100回×3セット・150回×1セット、バービージャンプ50回・30回・10回を行い、約束組手ではパンチから(ロー左右、ミドル左右、ハイキック)、パンチからスイッチして回し蹴り、前蹴りを捌いてローハイ、ヒザ蹴りを捌いてローハイ、前蹴りから後ろ蹴りを捌いてローハイ、回し蹴りにカウンターパンチ、回し蹴りに足掛け、そしてライトスパーリングは一般部は2分、少年部は1分30秒で10セット行った後、最後に二人ずつで力を入れてのスパーリングで稽古が終了しました。
最後に師範から「県選手会はチームです。チームの目的とは何か。それはベクトルを合わせること。即ち、チャンピオンを獲ることです。そのためには自分の限界を超えてゆくことと自分の夢に対して挑戦していくことです。お互いに限界を超していく仲間だと思えば和合しあうことができます。自分だけ強くなるんだと思った瞬間から、このチームは崩壊してしまい強い人は出てこない。みんなはチームですからチームで強くなっていく。誰かが最初にグラチャンで優勝すればその次からはどんどん強い人が出てきます。夢を信じて、それに見合う努力をしてみんなの時代を作ってください。」との訓話がありました。
グラチャンとリベンジ大会が目前に迫り、どの選手の顔にも緊張感がありましたが、やる気が漲っていました。大会では更なる飛躍が期待されることと思います。(事務局 黒沼 誠)
県選手会稽古 2017年6月11日 (1).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (2).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (3).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (4).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (5).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (6).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (7).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (8).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (12).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (13).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (15).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (16).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (17).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (18).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (19).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (21).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (22).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (24).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (25).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (28).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (30).JPG 県選手会稽古 2017年6月11日 (31).JPG

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903