一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 行事レポート

平成29年6月内陸帯研レポート

    6月17日(土)本部道場において、内陸茶黒帯研究会が行われました。

 今回の帯研も田畑師範の直接指導で行われ、約1時間30分の熱のこもった帯研となりました。

 基本・移動(すべて回転稽古)・型を終始、師範の号令に叱咤激励されながら大粒の汗を流し全力でやり切っていました。

 型稽古では「力の強弱、技の緩急、息の調整」とそれを支える5ポイント「立ち方、姿勢、拳の位置、技のスピード、気合の大きさ」そして本当に目の前に戦う相手を仮想すること、相手が刃物を持っているという緊張感を持つことの大切さと五感を全て働かせ、その上での第六感、吐き切る呼吸に集中することにより深い集中力と自己に内在している本然の力である潜在能力が発揮されることが大切であるということと、一人の人間が本気でこの境地に立てば自然とシンクロが起きて一糸乱れぬ型を15人全員でできると言われ、気合と号令で型の稽古をしました。全員が物凄い集中力と緊張感でとても素晴らしい息の合った型稽古になりました。

 稽古後、師範から「今日ここに自分を磨きに来てくれたことは本当に素晴らしいことです。この自分の強さをもとにして、丹田力をもってこれから待っている大会や人生の難問を乗り越えていってください。極真とは人間として正しい事を稽古を通じて正しく貫いていくことです。それが自己完成、自己実現になっていきます。」との訓話がありました。

 今回は特に中高生が主体の帯研でしたが、黒帯と若い力が合致していつも以上に晴れやかな帯研であったと思います。(事務局 黒沼 誠)

2017年6月 内陸帯研.jpg 

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903