一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 行事レポート

第36回県少年・第49回県一般選手会稽古レポート

 9月29日(日)鈴川道場において県(少年・一般)選手会稽古が行われました。
 東北極真カップ大会を1ヶ月後に控えて、より一層熱の入った稽古となりました。
 田畑師範の号令のもと
基本稽古
 
補強
拳立て 80回×10セット
腹筋(各100本)
足をつけたまま、クランチング、足上げ、カメレオン、バンザイ
バービー
50本、30本、10本
 
フィジカル(各1分・30秒・20秒・15秒・10秒・5秒)
つま先ダッシュ・もも上げ・ジャンプ・ツーステップ・交差
 
約束組手(各30秒)
左パンチ(フリー)1本VSハイ
ワンツー(フリー)VSハイ
前蹴りVS回し受けから下突き
膝蹴りVS回し受けから下突き
前蹴りから後ろ蹴りVS回し受けから下突き
回し蹴りVS回り込んで蹴り1本
回し蹴りVSカウンターから下突きダブルから膝蹴り
回し蹴りVS足掛けから膝蹴り
 
ライトスパーリング
フリー30秒×11ラウンド
 
最後に田畑師範から「カラテの稽古は基本に始まって基本で終わります。そのためには三合法で基本稽古は限界まで追い込み、生命力、人格力を強くして自分自身を成長させていってください。」「組手を強くするためにはストレッチ、筋トレ、フィジカル、体幹トレーニングをしっかり行って強さを身に付けていく。勝つためには効かす技を持つこと。回り込み、カウンター、足掛けを駆使して自分よりも強い相手に勝つ組手を目指す。」「稽古では自分が渦の中心となって、率先垂範で後輩を引っ張っていく。帯が上がってきたら気合・返事を大きくして、礼節を持つ。」「理解力・分析力を付けて、常に創意工夫していく。」との訓話がありました。
 いよいよ来月に迫った東北極真カップ大会に向けて、県選手会一丸となって頑張っていきたいです。(事務局 黒沼 誠)
県選手会稽古 2019年9月.jpg

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903