一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 行事レポート

第15回東北極真カップ空手道選手権大会レポート

 10月27日(日)県体育館において、第15回東北極真カップ空手道選手権大会が行われました。
 前日の雨も収まり、天候も落ち着き、選手にとっては適度な気温での大会でした。
東北地方を中心に1都1道1府12県から選手が集結し、型・組手と日ごろの稽古の成果を遺憾なく発揮していました。
また、招待審判員の師範・先生方も北海道から九州より駆けつけていただき、大会にご協力いただきました。
年々、大会のレベルも上がってきており、型も組手も特に準決勝以降は僅差の試合が多く、どの選手が優勝してもおかしくないくらいに選手一人一人の日ごろの鍛錬と試合に対しての心構えの高さが非常によく窺えました。
今回から一般無差別優勝者には「県知事賞」が新たに設けられました。この栄えある最初の受賞を争ったのは田畑道場本部の新鋭 山川颯斗選手と全日本無差別やウエイト制でも活躍し、過去に東北極真カップも制している東京城西三和道場の大内巨成選手によって行われました。序盤、山川選手も軽量級ながら若さを生かして果敢に大内選手の牙城を崩そうと攻め立てる場面もありましたが、後半、実力者 大内選手の安定した攻めからのラッシュに軍配が上がり、初代の県知事賞が贈呈されました。
田畑師範が提唱されている「道場生による道場生のための道場生の大会」をスローガンに大会も15回を数えますが、田畑道場審判員・スタッフが一丸となって今大会も運営することが出来ました。しかし、常々、田畑師範から言われる「問題意識、問題提議をして一人一人が渦の中心となって、周りを巻き込んでいく。昨年同様と思わず、絶え間ない創意工夫を続けていくこと」という訓話を念頭に今大会での改善点、次回大会での改良をしていきながら、更に良い大会を目指していきたいと思います。(事務局 黒沼 誠)
2019東北大会 写真 (1).JPG 2019東北大会 写真 (2).JPG
2019東北大会 写真 (3).JPG 2019東北大会 写真 (4).JPG
2019東北大会 写真 (5).JPG 2019東北大会 写真 (6).JPG 
2019東北大会 写真 (7).JPG 2019東北大会 写真 (8).JPG 2019東北大会 写真 (9).JPG 2019東北大会 写真 (10).JPG
2019東北大会 写真 (11).JPG 2019東北大会 写真 (12).JPG
2019東北大会 写真 (13).JPG 2019東北大会 写真 (14).JPG
2019東北大会 写真 (15).JPG 2019東北大会 写真 (16).JPG
2019東北大会 写真 (17).JPG 2019東北大会 写真 (18).JPG
2019東北大会 写真 (19).JPG 2019東北大会 写真 (20).JPG
2019東北大会 写真 (21).JPG

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903