一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 黒沼誠の聞きかじり

聞きかじり 第82話(2016年11月10日(木)鈴川師範稽古にて)

 鈴川道場一般部に向けた訓話です。
 
 「稽古では活力、活気、迫力が必要です。初めからそれがない人もいますが、餅のように練ったり、叩いたりしながら米から餅になって粘りが出るように、百回から千回、千回から一万回、一万回よりは十万回の気合を入れる。全ては経験です。しかし無気力や向上心がないと成長しづらくなります。忘れて困るのは迫力、気力、丹力、覇気そういうものが身に備わっているということを信念してください。そして自分の持っている根源の力を発揮しようと思って空手の稽古をすると、いつか、その力は発揮されるかもしれません。年齢や肉体的なところで個人差はあれど、稽古に来たら自分の根源の力を発揮しようというつもりで稽古して下さい。稽古すれば未来進行形の力が身に付きます。根源の力を求めて稽古をする。そうすれば必ず自分を生かしてくれます。」
 
 鈴川道場の一般部には中高生から社会人まで、あらゆる年代の人が集います。その中で、田畑師範の貴重な師範稽古のもと、みんなが自分の持っている力の限界を目指して基本・移動において気合を入れあいながら、お互いに磨き合っています。
 基本稽古で自分自身を追い込んでいきながら、師範が常々おっしゃられる「人格力の強さ」を身に付けていけるよう努力していきたいと思います。

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903