一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 黒沼誠の聞きかじり

聞きかじり 第103話(2019年3月9日(土)本部少年部型講習会にて)

 本部少年部型講習会での訓話です。
 
 「性相近し、習い相遠し。人間の持っている力は誰でも同じです。ただ稽古のやり方、力の出し方によって変わってきます。水がお湯に沸騰するようにして、努力を重ねてすぐに強くなる人もいれば、強くなるまでに時間のかかる人もいます。でも持っている力は同じです。だから努力する。努力をすれば伸びるし、怠ければ落ちてしまいます。
 自分には無限なる可能性があることを信じて、努力していってください。」
 
 自分自身もそうでしたが、稽古していても結果が出るまでに4年から5年という時間がかかりました。周りの人は次々に優勝や入賞していても自分は一向に勝てない状態にあると、「このままやっていても意味がないのではないか」と思うようになってきたときに初めて優勝した時は「続けていてよかった」という思いがしました。と同時に「やはり稽古はやり続けなければならないのだな」と改めて感じました。

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903