一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 黒沼誠の聞きかじり

聞きかじり 第105話(2019年3月30日(土)内陸茶黒帯研究会にて)

 内陸茶黒帯研究会での訓話です。
 
 「場数を踏むことは、どういう事かと言えば、場数を踏むことによって度胸がついてくるということです。まじめでおとなしい人が、誰にも負けない努力をして一回一回の稽古を積み重ねることにより、未来進行形で実力が付いてきます。そして、試合に臨んでは、何回も負けて、何回も勝つことにより、場数を踏んで度胸が付き、倒れては立ち上がることを繰り返し、更なる努力をしていくときに真の実力が付いてくるのです。」
 
 師範のおっしゃるように最初は誰でも不安に思い、恐さがありますが、何度も繰り返しやっていくことで、さらに工夫や、研究を重ねていくことができるようになってきます。
 何事も場数を踏んで、勝ったり、負けたりを繰り返しながら、本当に強い自分を目指して、日々の稽古に自分の全力を費やしていきたいと思います。

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903