一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > 極真フィロソフィ
「ベクトルを合わせる」
                                                   主席師範 田畑 繁
挑戦する集団、闘う集団、磨き合う集団、強い結束力、団結心を共有するためにはベクトルを合わせることが大切です。ベクトルを合わせることは力になります。人間の顔が違うように考え方もみな違います。もし指導者一人一人が自分の考え方に従って行動をしたら、みんなの力の方向、ベクトルが揃わないと力が分散してしまい、組織全体としての力が発揮できません。このことは団体競技を見ればわかります。全員が勝利に向かって心が一つのチームと各人が個人タイトルという目標しかないチームでは力の差が歴然としています。
全員が同じ方向(ベクトル)に結束した時に何倍もの力となります。ベクトルを合わせるとは、考え方を合わせることと進むべき方向を合わせることです。田畑道場の進むべき方向、目標を全員が同じように認識していればとてつもないパワーが発揮されるはずです。
指導の目的の一つとして「心身の強化、空手の力量技量の向上、武徳を修め、自己完成、自己実現すると同時に世界の平和と社会貢献の出来る人材、武道人を育成すること」にあります。そのような指導をしていかなくてはなりません。精神訓話だけでもいけません。大会至上主義に傾いてもいけません。中庸、中道を進まなくてはなりません。文武両道です。
「挑戦心を持つ」
 
                                                   主席師範 田畑 繁
 会社というのはトップの器以上にはならないと言われています。トップが持つ人生観、哲学、考え方、これですべてが決められているのです。指導者の成長が止まる時は道場生、支部教室生の成長が止まる時です。常に指導者は学ぶこと、鍛えること、磨くことを忘れてはいけません。勇気と信念を持ち、心を磨き、心を高めること、人格力を強くすることが必要となります。人は誰でも現状維持を守ろうとします。現状を維持する方が楽だからです。現状維持をすることは、そのまま断崖からずり落ちるのと一緒です。苦しくても一歩一歩、自分の手で岩を掴み登って行かなくては頂上へはいけません。頂上へ登り切るためには「挑戦心」が必要です。
 大山総裁の「座右の銘十一ヶ条」の二条に「武の道の探求は断崖をよじ登るが如し、休むことなく精進せよ」と。マンネリな現状維持を守る集団ではなく、挑戦する集団、闘う集団、磨き合う集団、結束力、団結心の強い極真山形田畑道場を目指していきたいと考えます。

主席師範 田畑 繁

 

極真フィロソフィ(理念)
 極真カラテは真を極めるとあります。真とは人生の真理を悟るということです。カラテの稽古修業を通じて「人生の真理を探究」していくことが極真の道だと大山倍達総裁は教えてくださいました。
 空手の技の上達、強さの追求と同じように人間的な成長がなければ「武の力」が「暴の力」になってしまいます。そこで、極真カラテを学ぶ一つの目的は、指導者・道場生ともに厳しいカラテ稽古を通じて
心を磨き、心を高め、人格を向上させ、自己完成、自己実現をすると同時に世界の平和と社会に貢献すること

「心を磨き」
一生懸命、一心不乱に稽古に打ち込むことです。

「心を高め」
 勇気と信念を持って稽古に打ち込んでいくと、必ず限界がやってきます。困難や辛さが待ち受けています。これを忍耐力で我慢することが心を高めることです。

「人格を向上させ」
 一本の技、一つの気合、一回の稽古を地道に積み重ねていく、誰にも負けない努力をしていくことが大切です。継続が力です。強いだけでなく、優しさがなければ人格を向上することはできません。

「自己完成」
 覇気から来る丹力で自分の生命力を最高に高めます。そして、本来自分に兼ね備わっている「徳性、個性、技能、知能」を最大限に発揮し自分の身を立て、人のために役立つ自分を作らなければなりません。

「自己実現」
 自分の夢と理想を実現させる力は極真カラテの中にあります。潜在意識まで透徹する夢を常に心に抱き、誰にも負けない努力で行動し、地道な一歩一歩の積み重ねが、今は叶わない夢だけど地道に力を付け、燃える情熱で歩めば、二年後三年後、十年後に達成出来るはずです。

「世界の平和」
 宗教・民族・人種の問題で内紛やテロが横行しています。私たちが自分で出来る範囲で世界の平和に役立つ人になりましょう。そして稽古の黙想では、世界平和を祈ることも世界平和のために役に立つ行為です。

「社会に貢献すること」
 人間の生き方の一つに人のため、世のために尽くすということがあります。自己に生きるのではなく、利他のために生きていくということです。自己、自利、自分のことばかりを考えないで、人に良い事をするという行為、親切や思いやりを持つことにより、人のためになり、そして社会のためになるということです。

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903