一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > トピックス

2018年夏季合宿セミナー資料 武徳「誰にも負けない努力をすること」

 すばらしい空手家(  からてか)、選手(せんしゅ)になるにせよ、すばらしい人生(じんせい)を歩む(あゆ)にせよ、誰(だれ)にも負けない( ま)努力(どりょく)をすること、一生懸命(いっしょうけんめい)に稽古( けいこ)することが必要(ひつよう)です。このことを除いて(のぞ)は空手家(  からてか)、選手(せんしゅ)としての成功(せいこう)も人生(じんせい)の成功(せいこう)もありえないのです。
 
 いろいろな人(ひと)に「一生懸命(いっしょうけんめい)努力(どりょく)していますか」と聞く( き)と「はい、努力(どりょく)しています」と答えます(こた)。そこで「誰(だれ)にも負けない( ま)努力(どりょく)をしていますか」と聞く( き)ようにしています。誰(だれ)にも負けない( ま)というのは全日本(ぜんにほん)チャンピオンにも世界( せかい)チャンピオンにも負けてません( ま)かということです。それ相応(そうおう)の努力(どりょく)では人並み( ひとな)の努力(どりょく)です。そこから抜け出さなくて( ぬ   だ)はなりません。
 
 一生懸命稽古(いっしょうけんめいけいこ)するということは苦しい(くる)ことです。その苦しい(くる)ことを毎日(まいにち)続けて(つづ)いくためにはカラテや稽古( けいこ)を好き(すき)になることが必要(ひつよう)です。好き( す)なことであればいくらでも頑張る(がん ば)ことが出来ます( で き)。
 カラテの稽古( けいこ)が好き( す)でいれば、周り(まわ)から見て( み)「何(なん)であんなに努力(どりょく)して頑張って( がんば)いるのだろう」と言われる( い)ことでも、本人(ほんにん)は好き( す)でやっているのですから平気( へいき)なことなのです。
 
 カラテを好き( す)になる努力(どりょく)をして本当(ほんとう)に好き( す)になったら、あとはしめたものです。誰(だれ)にも負けない( ま)努力(どりょく)が簡単(かんたん)に出来る( で  き)ようになるはずです。「あんなに激しく(はげ)長時間(ちょうじかん)頑張って( がんば)稽古(けい こ)して、身体( からだ)を壊し(こわ)はしないだろうか」とみんなが思う(おも)ようなことも平気( へいき)でやってのけることが出来ます( で  き)。一生懸命(いっしょうけんめい)に努力(どりょく)するということを除いて(のぞ)成功(せいこう)や勝利(しょうり)はありません。
 
 一生懸命(いっしょうけんめい)に努力(どりょく)する、真面目( ま  じ  め)に稽古( けいこ)に打ち込んで( う   こ)いくということはもう一つ(ひと)の効用(こうよう)があります。毎日(まいにち)自分(じぶん)の稽古(けいこ)に打ち込み( う      こ)、一生懸命(いっしょうけんめい)努力(どりょく)すれば、無駄( む  だ)にただ漠然(ばくぜん)と稽古( けいこ)をするということはなくなるはずです。自分( じぶん)の稽古( けいこ)が好き( す)になり、一生懸命(いっしょうけんめい)努力(どりょく)すれば少し(すこ)でも強く(つよ)なる方法(ほうほう)はないだろうか、もっと効果的( こうかてき)な方法(ほうほう)はないだろうかと誰(だれ)でも考える(かんが)ようになります。一生懸命稽古(いっしょうけんめいけいこ)をしながら、もっと良い( よ)方法(ほうほう)で実力(じつりょく)を高めたい(たか)と考えて(かんが)いけば、毎日(まいにち)が創意(そうい)工夫(くふう)の連続(れんぞく)になっていきます。今日( きょう)よりは明日( あした)、明日( あした)よりは明後日(  あさって)と自分( じぶん)で工夫( くふう)して稽古( けいこ)していれば、そこに改良(かいりょう)改善(かいぜん)がついてきます。もっと強く(つよ)なるには、もっと速く(はや)なるには、もっと上手(じょうず)になるには、常に(つね)一生懸命稽古(いっしょうけんめいけいこ)する人(ひと)は創意(そうい)と工夫( くふう)をするものです。
 
 もう一つ(ひと)の大切(たいせつ)なことは稽古( けいこ)に一生懸命(いっしょうけんめい)打ち込む( う   こ)ということは武道( ぶどう)の修業(しゅぎょう)と同じ(おな)です。武道( ぶどう)の修業(しゅぎょう)はお坊(   ぼう)さんや山伏(やまぶし)が荒行(あらぎょう)をしながら自分(じぶん)の魂(たましい)を磨いて(みが)いることと同じ(おな)ことを指します( さ)。一生懸命(いっしょうけんめい)に稽古(けいこ)すれば修行者(しゅぎょうしゃ)と同じ(おな)ように雑念(ざつねん)・妄念(もうねん)を浮かべる( う)暇(ひま)がありません。つまり一生懸命(いっしょうけんめい)に稽古(けいこ)するということは人間(にんげん)の魂を磨く(みが)ことにも繋がって(つな)いるのです。
 魂(たましい)を磨けば(みが)人格( じんかく)が高まり(たか)、心(こころ)が清く(きよ)なり、人(ひと)のためになること、世(よ)のためになることを何(なに)かしたい、尽したい(つく)という心(こころ)が芽生えて( め ば)きます。良き( よ)ことを思い(おも)、良き( よ)ことを行えば(おこな)必ず(かなら)運命(うんめい)も良い( よ)方向(ほうこう)に変わって( か)いくはずです。
 心(こころ)が磨かれ(みが)、美しい(うつく)心(こころ)が成長(せいちょう)すれば自然( しぜん)に良き( よ)ことを思い(おも)、良き( よ)ことを実行(じっこう)するようになります。そうした思い(おも)を実践(じっせん)すれば運命(うんめい)を更に(さら)良い( よ)方向(ほうこう)に変えて( か)いく力(ちから)となります。
 
 「誰(だれ)にも負けない( ま)努力(どりょく)をする」つまり「一生懸命(いっしょうけんめい)に稽古( けいこ)する」ということは、空手家( からて  か)、選手(せんしゅ)としても自分( じぶん)の立派( りっぱ)な人生(じんせい)を生きて( い)いくことにしても絶対(ぜったい)に必要(ひつよう)な事柄(ことがら)なのです。
 
平成30年8月4日(土)
主席師範 田畑 繁

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903