一般社団法人 極真会館

田畑道場  心を磨き、心を高め人格を向上させるカラテ
TOP > ズームイン黒沼
 師範からは常々「思いやりの心を持ちなさい」と注意されます。また「自己中にならないように」とも注意されます。自分が何気なく言った言葉や仕草で相手が傷ついたり、いやな気持ちになったりしてしまっていることが、自分が気づかないだけであるのではないかと思います。人から嫌われるような言葉や接し方をしないように気を付けて、師範のように人に対して思いやりのある言葉や元気づける、勇気づける言葉を発し、心の修養、常にどんなことがあっても明るくあったかい人柄を身に付けて、誰からでも親しまれるような人間性を作りたいです。

 田畑師範からは日ごろから、「本気になって取り組みなさい。例えば車の運転でも何かをしながら運転していれば事故を起こすかもしれない。仕事中に遊びの事を考えたり、稽古中に仕事のことを考えたりしていると身になるはずがない。何事も本気になって全力を発揮しなさい。」と言われます。稽古なら稽古、仕事なら仕事に本気になって取り組むからこそ成果を得られます。師範が「無為注意」「有為注意」について話します。無為注意は音がしたら何気なく、その方を見るということで、有為注意は対象に対して意識して集中することです。そのことをやるには有為注意。意識を傾けて集中しきって、そのことを行います。生半可に取り組むことなく、常に本気になって物事に対応できる人間を目指したいです。

 何か物事を進める時や何か依頼があった時に通り一遍に、言われたまま進めたり、言われた事だけで済ませてしまう時に決まって師範から「何でも一歩踏み込んで考えなさい」と言われます。何が必要か、どんなことに注意するのかなどを自分自身で考えて、わからないことがあれば質問する。言われたまま、聞いたままのことをやるのではなく、師範が言われるように一歩踏み込んで考えて最善の方法を導き出せるようになっていきたいと思います。

 いつも何か新しい事をやる時に「自分にはできない」とあきらめてしまうことがあります。やる前から諦めるのは良くないことなのはわかっているのですが、「得意じゃない」「時間がかかる」「難しい」などの理由をつけてしまいます。でも、どうしてもやらなければならない状況になった時に意外と出来る時があります。正直、このような文章を書くこともそれほど得意ではないし好きでもありません。でも、一旦書くことに集中すると「こんなこともあった」と次第に文章が浮んでくることもあります。いつだったか田畑師範から「パソコンの打ち込み早くなったなあ」と褒められました。その瞬間、「好きで上手になったわけではありません」と答えたら大目玉を頂きました。田畑師範は「の能力を今の自分で限定して自分にはできないと思ってはいけない。努力の継続が自分の可能性、能力を高めてくれる。必死の力、自分を追い込んでいくところに未知なる力を得ることが出来る」と師範がおっしゃるように「やる前から諦めない」ということを大切にしていきたいと思います。

月別カテゴリアーカイブ


Sihan's Facebook

COPYRIGHT(C)2011 tabatadojo ALL RIGHTS RESERVED.

国際空手道連盟 極真会館 全日本極真連合会 田畑道場 山形県総本部 990-2447 山形県山形市元木1丁目3-13
電話.023-625-0900 fax.023-625-0903